幽麗塔のネタバレ感想7巻【死番虫の正体は山科刑事・・・?】

こんばんわ。玲奈です。

幽麗塔の謎が気になりすぎて
グロくて、怖かったけど、一気読みしちゃいました・・・!

 

今回は、漫画「幽麗塔」の7巻
ネタバレと感想をご紹介します♪

まだ読んでない方は、ネタバレ注意!

まんが王国では、無料試し読みができます♪
無料試し読みはこちら

※「幽麗塔」と検索窓で入力♪

【7巻】幽麗塔のネタバレ感想

幽麗塔で惨殺された老婆、藤宮たつを殺害したのは麗子だったのか?
どうやら、答えは一応「ノー」でした。

 

“一応”というのは見殺したから。

助けることが可能であったかどうかは、定かではないですが、
麗子は、「死んでしまえばいい」という殺意があったことを認めます。

 

更に、テツオ(麗子)は、
藤宮たつへの憎しみがあった事を語ります。

殺意以外にも、動機も充分あった訳です。

 

しかし、テツオ(麗子)は、
藤宮たつを見殺したことに関しては、かなり苦しんでいます

以前に、山科刑事に殺人について語ったのは、この記憶から来ているのでしょう。

死番虫の正体は山科刑事?

テツオが丸部とそんな話をしていた時、
天野と山科は、沙都子と合流。

しかし、沙都子は、山科が死番虫の正体だと言います。

 

沙都子と一緒に死番虫に襲われた陣羽笛警部の
「お前だったのか」という台詞と、
丸部が言う、死番虫の正体は警官という推理とも一致します。

 

ヒステリーを起こす沙都子に対して、
少年に対して性欲を感じる自分の葛藤をぶつける山科。

「男と女、大事なのはどっちを愛するかではなく、
 どう愛するかではないのか?」

この山科の言葉からも、孤独を感じて生きているのが解ります・・・。

 

そんな様子から、死番虫では無さそうな気もするし、
天野も、山科を信じている感じ♪

 

ちなみに、山科は男だと思っていたテツオに好意を持っていたようで、
迷宮内で出会ったテツオのカミングアウトに、ショックを受けています(笑)

死番虫の正体は、警察関係者なのかな・・・?

 

私は、スマホ電子コミックで読みました♪

まんが王国なら、会員不要で
無料試し読みができるので
ぜひ、読んでみてくださいね♪

無料試し読みはこちら

※「幽麗塔」と検索窓で入力♪

 

幽麗塔ネタバレ一覧

幽麗塔ネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ