漫画・幽麗塔の登場人物ネタバレ~丸部道九郎~

こんばんわ。玲奈です。

幽麗塔の謎が気になりすぎて
グロくて、怖かったけど、一気読みしちゃいました・・・!

今回は、不気味な検事である
丸部道九郎について、ご紹介します♪

 

まだ読んでない方は、ネタバレ注意!

まんが王国では、無料試し読みができます♪
無料試し読みはこちら

※「幽麗塔」と検索窓で入力♪

丸部道九郎

藤宮たつ殺害事件の担当検事であり、
幽霊塔を買った人物である丸部道九郎。

 

その多大な権力を振るい、
何人もの人生を狂わせてきたみたい(^_^;)

 

娘の沙都子をして
「最も検事にふさわしくない人物」と言われ
その娘に、性的な悪戯をする人格破綻者として描かれています。

最初に出てきた時から、かなり不気味でしたよね・・・。

 

どの段階から、とはハッキリわかりませんが
丸部は、死番虫の正体が警察関係者だと勘付いていました。

かなり頭のキレる人物!

女性になりたいと願う丸部

昔見た、美しい女性(お夏)が忘れられず、
いつからか「あの女になりたい」と望むようになります。

 

沙都子の体をもてあそびながらも、
一線を越えなかったのは、
性欲でなく、女性の体への憧れであったのかも。

 

物語の中盤で、

テツオ(麗子)と丸部が実の親子だった

ということが発覚します。

これには、かなりビックリしました(^_^;)

 

そして、丸部への憧れから、
テツオとの脳移植で、女性の体を手に入れる事を望み、
体の入れ替わったテツオとのセックスの提案までします
・・・。

ちょっと気持ち悪いですよね(笑)

 

天野の推測では、

実娘との間に子供を作り
その子供の体をまた脳移植で手に入れ
肉体から肉体へと渡り歩き
永久に生きることが丸部の狙いではないか

というものでした。

 

常に自己の事しか考えていないように見えますが、
テツオからは「誰かを愛さないと生きていけない人」と言われ、
全ては、お夏という女性を本気で愛した結果だったのかも・・・。

 

最後は、お夏の遺体を抱き、眠りにつきますが、
その後、天野達の前に姿を現す事はありませんでした。

幽麗塔ネタバレ一覧

幽麗塔ネタバレ一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ